立山室堂体験ぶろぐ2012  体験ぶろぐ2014/5/4  アルペンルート通り抜け春コース体験ぶろぐ アルペンルート通り抜け夏コース
 集客状況へ  お申込・お問合へ  ホームへ  

富山市街地から室堂へ・・・ご参考ください!
 新富観光バスセンター(8:30頃/駐車場無料  



新富バスセンターから出発します!
バスセンターは駐車場が無料で利用できます。お土産いっぱいでも帰りがとっても楽ちんです。
県外からの参加のお客さまでも富山インター下車3分と大変便利です。【案内図
約30分
ドライブイン 立山あるぺん村
途中、トイレ休憩のため立山あるぺん村へ寄ります。この先、室堂までトイレ休憩がありませんので必ず済ませてください。またおやつや飲料のお買い物があればこちらでどうぞ。コンビニエンスストアーもあります。
約60分
美女平・立山高原ルート

【動画:雪の壁上り】


映像は、バスの車窓からの雪の壁です。
この時の高さは最高15メートルです。


バスはいよいよ山岳地帯へ。時期によっては山桜の花が出迎えてくれます。高度があがるとともに周辺の景色も変わります。ペアピンカーブ、立山杉、おサルさんやかもしかが顔を見せることもしばしば・・・。
そして、気が付けば目の前に雪の壁が広がります。
雪の壁が続く道路をバスで上がるとやがて日本最高所の駅、室堂ターミナルに到着です。
 
 室堂ターミナル
【動画:室堂雪原の様子】
室堂ターミナルでは雪を楽しむことができます。子供たちのための雪遊びオーナーではソリのレンタル(無料)もあります。立山自然保護センターへの通路はミニサイズの「雪の回廊」として歩くことができます。
室堂ターミナル内には、飲食店やお土産屋さんなどがあり、お買いものができます。
お弁当は、ターミナル内のベンチや天気が良い場合は雪原で食べてる人もいます。

【動画:雪の壁下り】

立山・雪の大谷ウォークでは、バスが通る有料道路の片側の歩行者専用ロードを歩くことができます。距離は約500mです。(ツアー期間中楽しめます)
パノラマロードからは、立山連峰を一望できます。(期間限定)
室堂での滞在時間は約3時間です。(気象や混雑状況により変更になる場合があります)
室堂を楽しんだ後は、再び雪の壁の道路をバスで下ります。
約40分
称名滝(落差日本一の大瀑布)
【動画:称名滝】
帰り道、日本一の落差350mを誇る称名滝へ寄ります。称名滝は、国指定の天然記念物、日本の滝100選に選定されています。駐車場近くに大観台があります。遊歩道を歩いて滝壺まで歩く時間や自信のない方は、大観台で滝を眺めることができます。元気な人は、滝壺まで歩きましょう。(行き30分:帰り20分)滝壺のそばでは、豪快な水の音を楽しめマイナスイオンをたっぷり浴びることができます。滞在時間約90分。*その年の雪の状況等によって滝壺まで行けない場合もあります。
約40分
立山あるぺん村にてお土産ショッピング
 
約30分
新富観光バスセンター(17:00頃)
標高20メートルの富山市内から標高2450メートルの室堂まで、標高差2430メートルの日帰りツアーはいかがでしたか?お疲れさまでした!